全米小売業協会による2016年の年末・年末商戦の予測では、11月と12月の小売消費は、3.6%増加し、今年度の記録的水準である約6558億USドルにまで膨らむとされています。私たちの新しい調査によると、これらの購入の大部分 (68%)は、新しいスマートフォンになります。

これは、従業員が個人所有のモバイルデバイスで業務データにアクセスし、それらをデバイスに蓄積している企業や組織にって、解決が難しいシナリオです。私たちの新しい調査レポートをダウンロードし、エンドユーザが彼らの古いデバイスを処分する際に発生する可能性が高いデータセキュリティリスクについて理解してください。

この調査レポートによる主要な発見は次のようになります:

  • データのプライバシーに懸念があっても、買い物客は、自身のデバイスの下取りや転売を止めることはないでしょう。
  • モバイルデバイスに蓄積されたデータの安全性は、従業員や経営者にとって、厄介な問題です。
  • 顧客レコート、特許情報、システムログイン情報は、企業が漏えいを恐れるデータのリストのトップです。
  • セキュリティ面で不備があると証明されているにも関わらず、Androidユーザは、古いデバイスのデータを消去する際に、「工場出荷状態に戻す」を利用しています。
  • 従業員は、会社が古いスマートフォンのデータ消去を提供する場合、喜んで受け入れます。

 

無償ダウンロード

ブランコテクノロジーグループから、Webセミナーや製品のアップデートなどのお知らせをEメールでお送りします。不要になった際には、配信を停止することができます。