毎日25億ギガバイトものデータが生成される今日、データのサニタイズ(無毒化)を実現するために、IT機器を物理壊壊することは必ずしも適切かつ効率的な方法ではありません。また、IT資産リユース事業者は、顧客であるユーザ企業や組織のIT機器のライフサイクル全般をサポートしており、利用が終わった機器に対してはデータが復元できないようデータ消去を行い、データプライバシー規制や情報セキュリティ規制へ準拠する必要があります。

Blanccoの製品は、全世界18の機関から製品認定や推奨を受けており、多くのIT資産リユース事業者が、Blanccoのデータ消去ソフトウェアを導入いただいております。その理由としては、Blanccoの製品を使ってデータ消去を行う事で、大量のデータ消去を実施しても生産性の高いデータ消去が可能になるためです。また、ソフトウェアによる消去であるため、安全性の確保と同時に、IT資産の再販価値を最大化することができます。さらに、ISO 27001、ISO 27040やPCI DSSなど、国際的なデータプライバシー規制や情報セキュリティ規制への準拠をはじめ、改正個人情報保護法やマイナンバー導入で求められるデータ管理をサポートすることができます。

IT資産リユース事業者のためのデータ消去製品:

  • Blancco Drive Eraser
    パソコンやサーバのHDD、SSD、ストレージなどに蓄積されたデータを消去するソフトウェア
  • Blancco Removable Media Eraser
    SDカード、USBメモリ、コンパクトフラッシュ、マイクロドライブなど外付けフラッシュメモリのデータを消去するソフトウェア
  • Blancco Data Eraser Management Console
    資産管理システムと連携し、組織内で行われた全てのデータ消去一元管理するソフトウェア
  • Blancco Eraser Hardware
    大規模環境下において、取り外したドライブや、故障及び利用が終わったドライブのデータを消去するオンサイトのソリューション

Blancco Drive Eraser 無償評価版

Blanccoでは、データ消去と消去レポートの発行を無償でお試しいただける評価版を企業向けに提供しています。機能のご確認、ハードウェアの認識テスト、他社製品との比較検討などにご利用ください。

評価版のお申し込みはこちら

blancco logo laptop
ssd in hand close-up

特許を取得したSSD対応のデータ消去

Blanccoのデータ消去ソフトウェアは、多くの公的機関からの認定に併せて、SSD専用のデータ消去方式(Patent No. 9286231)を実装しており、SSDを搭載したパソコン、サーバ、ストレージ環境において、SSDの全領域に対して従来のHDDと同等のデータ消去を実行できます。Blancco Drive Eraserは、SSDに対応したデータ消去ソフトウェアとして、英国防衛省のDIPCOG(Defence INFOSEC Product Co-Operation Group) によって認定されています。

世界各国の製品認定を取得したデータ消去ソフトウェア

Blanccoはデータ消去のデファクトスタンダードとして、企業や組織に大きな損害をもたらす情報漏えいに対するソリューションを世界中で提供しています。さらに、様々なIT資産に対応したデータ消去ソフトウェアと監査証跡により、国際的なデータプライバシー規制や情報セキュリティ規制に準拠できるようサポートしています。

Blanccoのデータ消去ソフトウェアは、全世界18の機関から製品認定や推奨を受けており、米国国防総省規格(DoD 5220.22-M)をはじめ、21の消去方式を実装しています。各国の政府機関、法務当局、検証機関が求める厳しい要件をクリアしているため、より高いレベルでのコンプライアンスを実現します。

Blanccoが取得した製品認定について

trophy award cabinet

多くのITリユース事業者がBlanccoのソフトウェアを利用しています

 

Blanccoのソフトウェアは、データ消去実施後に、監査証跡として活用できる電子署名が付与された消去レポートをシステムレポートとして残すことができます。そのため、監査対応含め、データプライバシー規制や情報セキュリティ規制への準拠したオペレーションが可能です。

BlanccoのITADパートナー プログラムは、ITリユース事業者の顧客向けのデータサニタイズ(無毒化)をサポートします。

主な特長

組織内のあらゆるIT資産のデータ消去を一元管理

電子署名による改ざん防止に対応した消去レポート

シンプルで直観的な操作が可能なインターフェース

包括的なレポーティング